title
にいがたマンガ大賞開催理念

新潟といえば、何を思いうかべますか?

皆さんご存知のように、新潟はお米・お酒・雪・海・山などなど、季節感あふれる特色ある土地です。

そんな新潟の誇るべき財産の一つに「マンガ」があることを知っていますか?


超有名作家から、商業誌で活躍中の若手作家、そして「えっ!あの人も新潟なの?」という意外な方まで本当にたくさんいらっしゃるんです。

そもそも、なぜ新潟でマンガコンテストなのか?
新潟とマンガ

新潟は数多くの著名なマンガ家を輩出しているとともに、アマチュアによる創作活動もとても盛んで、新潟市内で開催される「ガタケット」というマンガ同人誌即売会は、新潟県内だけでなく、山形・福島・栃木・富山などの近県からもお客さんが来るビッグイベントです。

毎回多くのマンガファンが会場に押し寄せ、お気に入りのサークルをのぞいたりコスプレしたり、思い思いにパワーを炸裂させています。


そこで、1997年に新潟で開催された「全国生涯学習フェスティバル まなびピア新潟’97」をきっかけに、新潟市からマンガ文化を応援しようという動きが始まったのです。


さらに2011年からは「にいがたアニメ・マンガフェスティバル」という、新潟市主催のマンガやアニメの一大イベントが開催されています。回を重ねるごとに来場者数を増やし、5万人を超えるイベントに成長しています。


このように、新潟は地方都市でありながらマンガ文化が浸透しやすい環境にあります。

でも、新潟の財産に「マンガ」があるなんて、地元の人もあまり認識していません。

ましてや「マンガの新潟」が今、こんなにスゴイことになっているなんて・・・


にいがたマンガ大賞の魅力とは?

あの雑誌の編集者が!あのマンガ家が!あなたの力作を全力で審査することです。


気になる審査員紹介のページはこちら

バックナンバー
実行委員募集